出来るだけ低金利でキャッシングしたい時の探し方を教えて

私は子供のころから節約の必要性を親から教えられながら育ってきたため、何を考えるのもまず節約の事を考えてしまう癖が有ります。30歳を迎えて結婚しても妻には節約節約と言っていたのですが、妻からはやり過ぎと指摘される始末でした。

現在子供も生まれて節約どころか出費がかさんで、必要な時にはお金を借りなければやっていけないと妻に説得されキャッシングの利用を検討中です。そこでまた悪い癖の節約が頭から離れず出来るだけ低金利のキャッシングを探しています。どのように探したらよいでしょうか。

なるべく多くの情報を調べるしかありません

低金利と言う観点で調べるのであればインターネット上にはキャッシングで利用するカードローンをランキングにしているような情報サイトが存在します。一応メガバンクや大手消費者金融は網羅されて分かりやすく作られていてこれ等の中の低金利のものを調ぶことが出来るのですが、残念ながら利用できる全ての金融機関を網羅しているわけではありません。これに自分の地域で利用できる地方銀行や信用金庫等の情報も調べて比較する必要が有ります。

これらの地域限定で利用できるような金融機関のカードローンには特徴のあるものが多く、例えばカードローンだけの利用だとそれほど金利が低くなくても、住宅ローンなどを借りていたり、様々な条件を満たすと金利が引かれてびっくりするほど低金利で利用できる場合も有ります。したがって地域の金融機関を調べる場合にはそういう点についても調べてください。調べた結果を大手のものと比較して最も低い金利になるものがあなたが選べる最も低金利のキャッシングと言うことになります。

ただし表向きの金利は高くても運用上無利息期間を設けているようなカードローンも存在します。多くは最初の一回きりと言うものですが、利用方法によっては毎月無利息で利用できるようなものも存在します。もしあなたの借り方がこの無利息期間を利用できるような借り方なのであれば表向きの金利は関係なくこのカードローンが実質上もっとも低金利と言うことになります。こういう点は単純に金利で比較していては分かりませんので良く説明を読むことが必要です。

また返済方法についても注意が必要です。金利だけは低くても、返済方法によって返済期間に差が出来ることが有ります。例えば良く利用されているリボルビング払いの場合方式に起因する理由で返済期間が延びる特性を持っています。この場合いくら金利を低くしても利息が増える原因になりますから。あなたの言う節約をするためにはこの返済方法についても金利と共に検討してみる必要が有ります。最も良いのは実際に計算してみる事でしょう。

この他にも特に消費者金融や地方銀行などは他の業種の企業や地元スーパーなどと提携して特典を用意している場合も有ります。特典ですからそれで金利が下がると言う訳ではありませんが、その代わり例えばガソリンが少し安くなったり、買い物が便利にできたりと言うことになると単純に金利だけで比較していては他の面で損をしている場合も考えられます。したがって節約と言うよりもお得になると言う点も考慮して決める様にしましょう。

基本的にキャッシングの金利は低金利になっている

基本的に、キャッシングの金利は低金利になっています。なぜこのようなことがいえるのかと言うと、法律で金利の上限と言うのは最初から決められているからなのです。キャッシングは、大手の企業に対して多額の融資を行なうローンとは異なって、一般の消費者でも気軽にお金を借りることが出来るように考えられたサービスです。

一般向けに考えられたサービスだからこそ、返済に関して個人の消費者に対して過度な負担を強いないように、法律によってあらかじめ上限金利を設定しているわけです、このような法律の事を利息制限法と言い、全てのキャッシング会社はこの利息制限法の範囲を守った利息を請求しなくてはいけません。

利息制限法では、融資をする元金が大きくなればそれに伴って利息の上限を下げなくてはいけないと言う規定が存在します。例えば、1万円の融資では20%の利息を請求することができますが、100万円以上の融資をすると15%までの利息しか請求できません。これは消費者の負担を減らすために考えられたことなのです。

そもそも、利息と言うのは元金が大きくなればなるほどその負担が大きくなってしまうものです。1万円と100万円の融資を考えた場合、同じパーセンテージである20%の利息を請求できたとなると、同じ数値であるのに負担が大きくなるのは必ず融資の元金が大きい100万円の方になってしまうわけです。これでは公平ではありません。

そこで、融資をする元金に従って利息の範囲を限定的にすることで、一定以上の利息を請求できないようにしたわけです。従来まではこの利息制限法とは別に出資法と言う法律も金利の上限の根拠となる法律でしたが、法改正によって出資法による利息の請求は行政処分の対象となりましたので、より消費者の負担は軽くなったと言えます。

このように、少額融資のサービスでは必ず低金利になるように法律で決められており、一定以上の金利が設定されることは絶対にありません。安全性が高いのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 «水商売の方もどうぞ»優良キャッシング会社紹介サイトはココ! All Rights Reserved.